ジョー・ジャクソン Joe Jackson


 別名「シューレス(裸足の)・ジョー」。マイナー時代に足に合わない小さなシューズしか持ってなかったジョーは、ある試合でこのシューズを脱ぎ捨て、裸足でプレイしたことから、こう呼ばれるようになりました。
 
 ベーブルース
がその打撃フォームを参考にし、タイ・カッブが「メジャーリーグ最高のレフトだ」「彼のグローブの中で3塁打は死ぬ」と絶賛しました。
 
 通産打率.356厘はメジャー歴代3位の輝かしい成績です。しかし、不運な事に、打撃タイトルには1度も縁がありませんでした。1911年には打率.408厘を打ちながら、タイ・カッブが.420厘をを打ったため首位打者を逃しています。この年記録した新人最多安打「233安打」は2001年、イチロー選手が「242安打」を放ち、90年ぶりに更新されました。
 
 しかし、ジョーが残したのは輝かしい成績だけではありませんでした。映画「フィールド・オブ・ドリームズ」「エイトメン・アウト」の題材にもなった「ブラック・ソックス事件」により球界永久追放になり、メジャーの歴史上最大の汚点も残したのです。
 
 1919年のホワイトソックス vs レッズのワールドシリーズ、ジョーを擁するホワイトソックスが断然有利と見られていましたが、3勝5敗(当時は5戦先勝)と敗れてしまいました。その後、地元紙の告発に、1人の選手が八百長があった事を認めてしまいました「金をもらって、ワールドシリーズを売った」いわゆる八百長疑惑でジョーを含む、ホワイトソックスの選手8人が永久追放になった事件です。
 
 しかしジョー・ジャクソンの、このワールドシリーズでの成績は、32打数12安打1本塁打、打率.375、ノーエラー。この数字が、ジョー自身「金はもらったが、手は抜かなかった」事を物語っています。
 
 裁判が終わり、法廷から出てきたジョーに、1人の少年が泣きながら叫びました、「嘘だと言ってよ、ジョー!“ Say it ain't so,joe ! ”」

 ホワイトソックスは、ジョーを擁して1917年にワールドチャンピオンになって以来、ワールドチャンピオンになれていません。
 
 このメジャーリーグ史上最大の汚点を解いて、ホワイトソックスがワールドチャンピオンになる日はいつになるのでしょうか。

ジョー・ジャクソン シカゴ・ホワイトソックス
シカゴ・ホワイトストッキングス ジョー・ジャクソン

ジョー・ジャクソン/生涯成績
試合数 1330
安打 1774
本塁打 54
打点 785
盗塁 202
打率 .356
外野手、右投左打
1908-1920年 (現役)
1889.7.16-1951.12.5 (生涯)
いまだ殿堂入りならず



MLB伝説の選手メジャー偉人列伝 Home
MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


ジャッキー・ロビンソンベーブ・ルース][ピート・ローズ][ハンク・アーロン][ジョー・ディマジオ
テッド・ウイリアムズ][タイ・カッブ][ルー・ゲーリッグ][サイ・ヤングロベルト・クレメンテ][ノーラン・ライアン
カール・ハッベル][カール・ヤストレムスキー][ヨギ・ベラ][ロジャース・ホーンスビー][レジー・ジャクソン][フランク・ロビンソン
ウォルター・ジョンソン][ゲイロード・ペリー][トム・シーバー][カル・リプケンjr

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.