野茂英雄データ

野茂英雄

野茂 英雄
1968年8月31日・大阪府生まれのB型
成城高校⇒新日鉄堺⇒近鉄バファローズ⇒ロサンゼルス・ドジャース⇒ニューヨーク・メッツ
⇒ミルウォーキー・ブリュワーズ⇒デトロイト・タイガース⇒ボストン・レッドソックス
⇒ロサンゼルス・ドジャース⇒タンパベイ・デビルレイズ
⇒ニューヨーク・ヤンキース(マイナー契約)⇒シカゴ・ホワイトソックス(マイナー契約)
⇒カンザスシティ・ロイヤルズ(マイナー契約)
1994年オフにすったもんだで、近鉄を任意引退扱いとなり、ロサンゼルス・ドジャースに入団。

ご存じ日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在。マッシー村上(村上雅則)以来、30年ぶり2人目の日本人メジャーリーガーとなりました。

「メジャーリーグを救った男」そう言っても過言ではないかもしれません。1994年8月12日、メジャーリーグは、FAなどにより選手の年棒が高騰したためオーナー側は抑えたい、選手側は反発と激しく対立し、メジャーリーグ史上5回目の「ストライキ」に突入しました。シーズン真っ只中のこのストライキに残りのシーズン、プレーオフ、ワールドシリーズが中止となってしまいました。

結局1995年3月に、オーナー側が譲歩する形で選手会側がストライキを中止しました。1995年の開幕も危ぶまれていただけに、この年からメジャーに移籍した野茂にとっては「ホッ」とした事だろう。

そして、例年より1ヶ月遅れの4月25日にメジャーリーグは再開、開幕する事となりました。

1995年5月2日、ジャイアンツ戦に先発でメジャー初登板。5回を投げきり、被安打1、奪三振7、無失点と好投するも勝敗には関係ありませんでした。その後も好投するも、なかなか勝ち星に恵まれず、迎えた6月2日、メッツ戦で8回を投げ、被安打2、奪三振6、自責点1と好投し、メジャー7戦目にしてメジャー初勝利を上げました。

なにより、野茂が投げるゲームは観客が激増し、「トルネードは社会現象」を巻き起こしました。これはストライキにより離れたファンを呼びもどすこととなり、この事からも「メジャーリーグを救った男」と言えるかもしれません。

その後、数々のチームを渡り歩く中、メジャー2年目[ドジャース時代のクアーズ・フィールド]と8年目[レッドソックス時代のオリオール・パーク・カムデン・ヤーズ]に両リーグでノーヒットノーランを達成。2004年現在、この2つのball parkでノーヒットノーランを達成したのは野茂英雄ただ1人である。

また以外かもしれないが日本人メジャー1号ホームランは、1996年に放った野茂の1発でした。

メジャー1年目には最多奪三振新人王を獲得。オールスターにも選出され、オールスターでは先発という輝かしい1年目となりました。

その後は右肩、右ひじの故障などで「野茂はもう終わったのか?」とファンをやきもきさせましたが、そのつど復活!

2001年オフには、日本人で初めてFAの権利を取得しました。

2002年には古巣ドジャースに復帰し、2002,2003年と2年連続16勝を上げる活躍でしたが、プレーオフに進む事は出来ませんでした。

2004年シーズンは、2年連続開幕投手を任されましたが、2003年のシーズンオフに右肩を手術した影響か、自身ワーストとなる10連敗を喫するなど、精彩を欠きました。チームは9年ぶりの地区優勝を飾りましたが、プレーオフでもロースター(出場枠)を外れ、野茂にとっては不満の残るメジャー10年目でした。

しかし、メジャー10年間で118勝を上げ、日米通算200勝まであと4勝と迫った野茂はデビルレイズとマイナー契約を結び、開幕メジャーに生き残り11年目のスタートを切りました。

デビルレイズ移籍初登板で見事な投球を披露し、日米通産197勝目を上げましたが、その後は結果を残せず、ローテーションを外される可能性もありましたが、6月15日(現地時間)のブリュワーズ戦で見事に日米通産200勝を達成しました。

しかしその後も安定した投球が出来ず、早々と優勝争いから脱落したチーム事情もあり、メジャー40人枠から外れる事実上の戦力外通告を受けました。その後シーズン中にヤンキースとマイナー契約を結びましたが、メジャーに昇格する事はありませんでした。

そして引退もささやかれていましたが、2006年は2005年のワールドチャンピオン、シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結ぶもメジャー昇格ならず、2007年は治療に専念。2008年にはロイヤルズとマイナー契約を結びました。日本人メジャーリーガーのパイオニアが再びメジャーのマウンドに上がることはあるのか?

2008年ロイヤルズとマイナー契約を結び、4月に3年ぶりにメジャーへ昇格しましたが、3試合の登板で防御率18.69と散々な結果でロイヤルズを解雇。他チームからも声がかからず、結局7月に公式HPで、「まだまだやりたい気持ちが強いが、プロ野球選手としてお客さんに見せるパフォーマンスは出せないと思う」と語り、引退を決意。日本人メジャーリーガーのパイオニアとして活躍した野茂の野球人生に幕を閉じました。




所属チーム 試合 S 奪三振 防御率 タイトル
▼ 日本時代 ▼
近鉄・バファローズ(1990年) 29 18 8 0 287 2.91 MVP・沢村賞・新人王・最多勝・最優秀防御率・最多奪三振
近鉄・バファローズ(1991年) 31 17 11 1 287 3.05 最多勝・最多奪三振
近鉄・バファローズ(1992年) 30 18 8 0 228 2.66 最多勝・最多奪三振
近鉄・バファローズ(1993年) 32 17 12 0 276 3.70 最多勝・最多奪三振
近鉄・バファローズ(1994年) 17 8 7 0 126 3.63
近鉄・バファローズ(1990〜1994年) 139 78 46 1 1204 3.15 MVP1回・沢村賞1回・4年連続最多勝・4年連続最多奪三振・最優秀防御率1回
▼ メジャー ▼
ロサンゼルス・ドジャース(1995年) 28 13 6 0 236 2.54 新人王・最多奪三振・オールスター
ロサンゼルス・ドジャース(1996年) 33 16 11 0 234 3.19 ノーヒットノーラン達成!
ロサンゼルス・ドジャース(1997年) 33 14 12 0 233 4.25
ドジャース・メッツ(1998年) 29 6 12 0 167 4.92
ミルウォーキー・ブリュワーズ(1999年) 28 12 8 0 161 4.54
デトロイト・タイガース(2000年) 32 8 12 0 181 4.74
ボストン・レッドソックス(2001年) 33 13 10 0 220 4.50 最多奪三振・ノーヒットノーラン達成!
ロサンゼルス・ドジャース(2002年) 34 16 6 0 193 3.39
ロサンゼルス・ドジャース(2003年) 33 16 13 0 177 3.09
ロサンゼルス・ドジャース(2004年) 18 4 11 0 54 8.25
タンパベイ・デビルレイズ(2005年) 19 5 8 0 59 7.24
(2006年) 契約なし
(2007年) 契約なし
(2008年) 3 0 0 0 3 18.69
MLB通算(12年) 323 123 109 0 1918 4.24 新人王・最多奪三振(2回)・ノーヒットノーラン(2回)
日米通算(17年) 462 201 155 1 3122 3.86

赤字はタイトル)

野茂英雄・トップ野茂英雄Home
MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


「イチローDATA」「松井秀喜DATA」「松井稼頭央DATA」「田口壮DATA」「井口資仁DATA」

「中村紀洋DATA」「石井一久DATA」「長谷川滋利DATA」「大家友和DATA」「高津臣吾DATA」

「大塚晶則DATA」「多田野数人DATA」「木田優夫DATA」「藪恵壹DATA」「デニー友利DATA」

城島健司DATA」「小関竜也DATA」「マック鈴木DATA」「森慎二DATA」「入来祐作DATA」「斉藤隆DATA

松坂大輔データ」「井川慶データ」「岩村明憲データ」「福留孝介データ」「黒田博樹データ」「薮田安彦データ小林雅英データ」「福盛和男データ

イチロー][松井秀喜][松井稼頭央][田口壮][井口資仁][中村紀洋][野茂英雄][石井一久

長谷川滋利][大家友和][高津臣吾][大塚晶則][多田野数人][木田優夫][藪恵壹][デニー友利

MLBニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA][メジャー偉人列伝][日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー

メジャーリーグの歴史][MLB記録-打者編(通算記録)-][MLB記録-打者編(シーズン記録)-][MLB記録-投手編-][MLB記録-チーム編-

MLB タイトル年表 ][イチロー夢の4割への挑戦][ワールドシリーズへの道][メジャーリーガー達の国籍][MLB 〜 2004年データ 〜


メジャー知識の泉][MLB英語マニュアル][今日の独り言][厳選リンク集今日の日本人メジャーリーガー成績一覧


Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.