フランク・ロビンソン Frank Robinson


 1975年メジャーリーグ史上初の黒人監督となったフランク・ロビンソン。

 1956年レッズでメジャーデビューしたロビンソンは、1年目から打率.290、38本塁打、83打点で新人王と華々しくデビューしました。

 1961年には打率.323、37本塁打、124打点の活躍で、レッズを21年ぶりにリーグ優勝に導きましたが、ワールドシリーズでは、ミッキー・マントル、ロジャー・マリス擁するヤンキースに1勝4敗で敗れましたが、リーグMVPに輝きました。

 コンスタントに数字を残したロビンソンでしたが、不思議とタイトルとは縁がありませんでした。しかしボルティモア・オリオールズに移籍した1966年に打率.316、49本塁打、122打点で黒人初の3冠王に輝きました。ちなみにロビンソンが打撃3部門のタイトルを獲得したのは、この1966年だけでした。

 この1966年オリオールズは1944年以来、22年ぶりにワールドシリーズに進出し、ロビンソンの活躍などでオリオールズ創立以来初のワールドチャンピオンに輝き、ロビンソン自身も2度目のMVPに輝き、両リーグでのMVPは史上初めてでした。

 1970年には古巣レッズを破り2度目のチャンピオンリングを手にし、その後ドジャース、エンゼルスを経て1974年途中にクリーブランド・インディアンスに移籍し、1975年選手兼監督として、メジャー史上初の黒人監督が誕生しました。

 1975年の開幕戦の第1打席で自ら本塁打を放ち、幸先のいいスタートを切りましたが、シーズン途中エース、ゲイロード・ペリーが「1ドルでもいいから年棒を黒人監督より高くして欲しい。そうしてくれなければ俺はこのチームでプレイしない」と造反され、シーズン途中にエースを失う事となりました。

 インディアンスでは1977年途中まで指揮を取り、その後1981〜1984年までジャイアンツで、1988〜1991年までオリオールズで、2002年からはエクスポズで監督として指揮を取り、1989年には前年最下位のチームを2位にまで引き上げ、最優秀監督に選ばれました。しかしチームを優勝に導く事はいまだ出来ていません。

フランク・ロビンソン シンシナティ・レッズ
ボルティモア・オリオールズ フランク・ロビンソン
フランク・ロビンソン クリーブランド・インディアンス

フランク・ロビンソン/生涯成績
試合数 2808
安打 2943
本塁打 586
打点 1812
盗塁 204
打率 .294
外野手、一塁手、三塁手、右投右打
1956-1976年 (現役)
1935.8.31-(生涯)
1982年殿堂入り



MLB伝説の選手メジャー偉人列伝 Home
MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


ジャッキー・ロビンソン][ジョー・ジャクソンベーブ・ルース][ピート・ローズ][ハンク・アーロン][ジョー・ディマジオ
テッド・ウイリアムズ][タイ・カッブ][ルー・ゲーリッグ][サイ・ヤングロベルト・クレメンテ][ノーラン・ライアン
カール・ハッベル][カール・ヤストレムスキー][ヨギ・ベラ][ロジャース・ホーンスビー][レジー・ジャクソン
ウォルター・ジョンソン][ゲイロード・ペリー][トム・シーバー][カル・リプケンjr

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.