イチロー夢の4割への挑戦!


■ メジャーリーグで現在3冠王に1番近い男と言えば、アルバート・プホルス(カージナルス)ですが、4割に1番近い男はもちろんイチローです。

1941年にテッド・ウイリアムズが4割を打って以降60年以上4割打者は現れていません。2004年シーズンは84年ぶりにシーズン最多安打を塗り替え、今度はこの夢の大記録に挑みます!

▼ 1942年以降4割へ挑んだ男達! ▼


名前 打率 年度 / 所属チーム
トニー・グウィン .394 1994年 / サンディエゴ・パドレス
ジョージ・ブレッド .390 1980年 / カンザスシティ・ロイヤルズ
テッド・ウイリアムズ .388 1957年 / ボストン・レッドソックス
ロッド・カルー .387 1977年 / ミネソタ・ツインズ
ラリー・ウォーカー (カージナルス) .379 1999年 / コロラド・ロッキーズ
スタン・ミュージアル .376 1948年 / セントルイス・カージナルス
トッド・ヘルトン .37241 2000年 / コロラド・ロッキーズ
ノマー・ガルシアパーラー (カブス) .37240 2000年 / ボストン・レッドソックス
イチロー (マリナーズ) .37215 2004年 / シアトル・マリナーズ
トニー・グウィン .371 1997年 / サンディエゴ・パドレス
アンドレス・ガララーガ (エンゼルス) .3702 1993年 / コロラド・ロッキーズ
トニー・グウィン .3701 1987年 / サンディエゴ・パドレス
バリー・ボンズ (ジャイアンツ) .3697 2002年 / サンフランシスコ・ジャイアンツ

(右打者はガルシアパーラーとガララーガの2人だけです)



1994年のトニー・グウィンは不運でした。この年オーナー側と選手会側の労使交渉の対立により、選手会側がストライキを行使し、8月11日限りでシーズンが打ち切られ、4割挑戦はシーズン半ばであきらめるしかありませんでした。

1942年以降、最も最後まで4割を保ったのが、1980年のジョージ・ブレッドです。9月19日に4割に乗せましたが、その後4割に乗る事はありませんでした。

2000年のガルシアパーラーは右打者としてはすばらしいですが、7月14日に4割に乗せて以降、4割に乗せる事は出来ませんでした。




 ★ 4割に必要な条件とは何か? ★


 ■ とにかくヒットをよく打つ!!(当たり前 ・・・ )


 ■ 選球眼がいい!(打数が多くなればそれだけヒットも打たなければならず、どう考えても厳しい。四球を増やして打数を少なくしなければ難しい。)


 ■ 左打者で俊足!(これも当然。右打者は左打者より1歩半1塁まで遠いと言われてますし、俊足で内野安打を稼ぐ事は必須!)


 ■ プレッシャーに強い!(記録達成が近づくと全米中の注目を集めます。そのため神経が図太くなければこのプレッシャーに押しつぶされてしまう事間違いありません!)


以上を踏まえると、イチローに足りないのは明らかに四球が少ないことですね。選球眼が悪いとは思えませんが、ファーストストライクから積極的に打ちに行く事がイチローの持ち味なので、このスタイルを変えることは難しく、さらにボール球でも打てると思えば手を出すそーなので、この点はあきらめましょー ・・・ 。

イチロー自身打率より、安打数に重点を置いている感じですが、4割を目指すなら、打席数の多い1番より、3番のほうが可能性は広がります。
しかしイチローは「連続200安打」などの記録もかかっていることから、チーム側は1番で起用していくでしょう。


 ■ 結論! ■

イチローが4割を打つためには、さらにヒットを量産するしかありません!

ちなみに2004年、262安打を放ちましたが、後15安打ヒットを打っていれば4割でした。こう思うと「いけそーじゃん!」と思ったのは僕だけでしょうか?

後年齢的に難しいかもしれませんが、バリー・ボンズ(ジャイアンツ)は2004年シーズン、イチローの約半分135安打で首位打者に輝きました。シーズン232四球とメジャーの中でも1人別次元を行ってます。打席数がおのずと少なくなるので、もしかしたらボンズが4割に1番近いかも?


シーズン4割を打った伝説の男達! (1901年以降)
1 ナポレオン・ラジョイ .426 [544-232] (1901)
2 ロジャース・ホーンスビー .424 [536-227] (1924)
3 ジョージ・シスラー .4197 [586-246] (1922)
4 タイ・カッブ .4196 [591-248] (1911)
5 タイ・カッブ .409 [553-226] (1912)
6 ジョー・ジャクソン .408 [571-233] (1911)
7 ジョージ・シスラー .407 [631-257] (1920)
8 テッド・ウィリアムズ .406 [456-185] (1941)
9 ハリー・ヘイルマン .403 [524-211] (1923)
10 ロジャース・ホーンスビー .4027 [504-203] (1925)
11 ロジャース・ホーンスビー .40128 [623-250] (1922)
12 ビル・テリー .40126 [633-254] (1930)
13 タイ・カッブ .4011 [526-211] (1922)

( 2004年終了時点です )


MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


MLBニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー][メジャーリーグの歴史

MLB記録-打者編(通算記録)-][MLB記録-打者編(シーズン記録)-MLB記録-投手編-][MLB記録-チーム編-][MLB タイトル年表 ][メジャー偉人列伝

ワールドシリーズへの道][メジャーリーガー達の国籍][メジャー知識の泉][MLB 〜 2004年データ 〜MLB英語マニュアル今日の独り言][
厳選リンク集

今日の日本人メジャーリーガー成績一覧

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.