MLB記録-打者編(通算記録)-


■ 打撃部門の通算記録を幅広く色々集めてみました。
これからもまだまだ、さまざまな記録を集めていく予定ですので、ご期待下さい!

こうしてさまざまな記録を眺めてるだけで、歴史を感じますね。

個人的に打者編(通算記録)の1番のお気に入りは、ヨギ・ベラのワールドシリーズ最多の75試合出場です。ヨギ・ベラ自身10度のワールドチャンピオンに貢献するなど、ヤンキースの黄金時代を支えました。




MLB記録-打者編(シーズン記録)-
MLB記録-投手部門-MLB記録-投手編-
MLB記録-チーム部門-MLB記録-チーム編-

ワシントン・セネタース


>> 携帯サイト “侍MLB”で、外にいながら日本人メジャーリーガーの最速情報をチェック!
>> “侍MLB”「今日の日本人」のURLを自分の携帯や友達に送信する


〜 MLB記録・打撃編(通算記録) 〜
通算安打
1 ピート・ローズ 4256
2 タイ・カッブ 4189
3 ハンク・アーロン 3771
4 スタン・ミュージアル 3630
5 トリス・スピーカー 3514
6 カール・ヤストレムスキー 3419
7 キャップ・アンソン 3418
8 ホーナス・ワグナー 3415
9 ポール・モリター 3319
10 エディ・コリンズ 3315
◆ 不滅の記録と言われたタイ・カッブの記録をピート・ローズが1985年に塗り替えました。
通算打率
1 タイ・カッブ .366
2 ロジャース・ホーンズビー .358
3 ジョー・ジャクソン .356
4 エド・デラハンティー .346
5 トリス・スピーカー .345
6 テッド・ウイリアムズ .3444
7 ビリー・ハミルトン .3443
8 ダン・ブローザーズ .3421
9 ベーブ・ルース .3420
10 ハリー・ヘイルマン .341
◆ MLB公式サイトでは5000打数以上が基準となっています。
3位のジョー・ジャクソンは4981打数なので、19打数足りませんが、十分ランクインに値すると思いますので、個人的に入れてみました。
通算本塁打
1 ハンク・アーロン 755
2 ベーブ・ルース 714
3 バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 703
4 ウィリー・メイズ 660
5 フランク・ロビンソン 586
6 マーク・マグワイア 583
7 サミー・ソーサ (カブス) 574
8 ハーモン・キルブリュー 573
9 レジー・ジャクソン 563
10 ラファエル・パルメイロ (オリオールズ) 551

◆ 1974年にハンク・アーロンが、べーブ・ルースの記録を塗り替えましたが、それから30年、その記録もバリー・ボンズによって、更新されそうです。
2004年にボンズは遂に大台700号を放ち、早ければ2005年シーズンにもアーロンの記録を更新するかも?

通算本塁打率
1 マーク・マグワイア 10.61
2 ベーブ・ルース 11.76
3 バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 13.26
4 ジム・トーミ (フィリーズ) 13.69
5 サミー・ソーサ (カブス) 13.99
6 ハーモン・キルブリュー 14.22
7 マニー・ラミレス (レッドソックス) 14.42
8 アレックス・ロドリゲス (ヤンキース) 14.46
9 ケン・グリフィーjr (レッズ) 14.71
10 テッド・ウイリアムス 14.79
◆ 本塁打率は、打数÷本塁打数で計算しています。
5000打数以上を基準としています。
まとめてみると、近年いかに本塁打が増えたのかが分かると思います。
通算打点
1 ハンク・アーロン 2297
2 ベーブ・ルース 2213
3 キャップ・アンソン 2076
4 ルー・ゲーリッグ 1995
5 スタン・ミュージアル 1951
6 タイ・カッブ 1938
7 ジミー・フォックス 1922
8 エディー・マレー 1917
9 ウィリー・メイズ 1903
10 メル・オット 1860
12 バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 1843

◆ 打点王の回数は、今なおベーブ・ルースの6度が最多です。
爆発力という点では、ルー・ゲーリッグがシーズン150打点以上を7度(打点王5度)記録しています。
このランキングにもボンズがトップ10入りするのは時間の問題となってきました。

通算得点
1 リッキー・ヘンダーソン 2295
2 タイ・カッブ 2245
3 ハンク・アーロン 2174
3 ベーブ・ルース 2174
5 ピート・ローズ 2165
6 バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 2070
7 ウィリー・メイズ 2062
8 キャップ・アンソン 1996
9 スタン・ミュージアル 1949
10 ルー・ゲーリッグ 1888

◆ 2001年にリッキー・ヘンダーソンが、73年ぶりにタイ・カッブの記録を塗り替えましたが、ボンズの足音が聞こえてきました ・・・。

通算盗塁
1 リッキー・ヘンダーソン 1406
2 ルー・ブロック 938
3 ビリー・ハミルトン 912
4 タイ・カッブ 892
5 ティム・レインズ 808
6 ビンズ・コールマン 752
7 エディー・コリンズ 745
8 アーリー・レイサム 739
9 マックス・カレー 738
10 ホーナス・ワグナー 722
◆ リッキー・ヘンダーソンの記録が抜けています。今後この記録に迫れる選手は現れるのでしょうか。
通算四球
1 バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 2302
2 リッキー・ヘンダーソン 2190
3 ベーブ・ルース 2062
4 テッド・ウイリアムス 2019
5 ジョー・モーガン 1865
6 カール・ヤストレムスキー 1845
7 ミッキー・マントル 1733
8 メル・オット 1708
9 エディー・ヨースト 1614
10 ダレル・エバンス 1605


◆ 2004年に、232四球のシーズン記録を樹立したボンズが歴代1位となりました。おそらくこの記録はまず破られる事はないのでは?
ボンズがあと何年現役を続けるか分かりませんが、次元が違う数字を残して引退する事でしょう ・・・ 。

通算三振
1 レジー・ジャクソン 2597
2 サミー・ソーサ (カブス) 2110
3 アンドレス・ガララーガ (エンゼルス) 2003
4 ホセ・カンセコ 1942
5 スタン・ミュージアル 1936
6 マイク・シュミット 1883
7 フレッド・マグリフ (デビルレイズ) 1882
8 トニ・ペレス 1867
9 デイブ・キングマン 1816
10 ボビー・ボンズ 1757
◆ 近年本塁打が増えた影響で、本塁打狙いの打者が増え、三振も増えました。
サミー・ソーサがレジー・ジャクソンの記録を更新するのも、現実味を帯びてきました。
通算試合出場
1 ピート・ローズ 3562
2 カール・ヤストレムスキー 3308
3 ハンク・アーロン 3298
4 リッキー・ヘンダーソン 3081
5 タイ・カッブ 3035
6 エディー・マレー 3026
6 スタン・ミュージアル 3026
8 カル・リプケンjr 3001
9 ウィリー・メイズ 2992
10 デイブ・ウィンフィールド 2973
◆ ピート・ローズは3チームを渡り歩いてこの記録ですが、2位のカール・ヤストレムスキーはレッドソックス一筋での記録です。
現在のメジャーリーグでは、生涯1チームで終える選手は少なくなっているので、カール・ヤストレムスキーの記録もまた、偉大です。

連続試合出場
1 C・リプケンjr(オリオールズ) 2632 (1982.5.30〜1998.9.19)
2 L・ゲーリッグ(ヤンキース) 2130 (1925.6.1〜1939.4.30)
3 E・スコット(レッドソックス・ヤンキース) 1307 (1916.6.20〜1925.5.5)
4 S・ガービー(ドジャース・パドレス) 1207 (1975.9.3〜1983.7.29)
5 B・ウィリアムス(カブス) 1117 (1963.9.22〜1970.9.2)
6 J・スーウェル(インディアンス・ヤンキース) 1103 (1922.9.13〜1930.4.30)
◆ この、カル・リプケンjrと、ルー・ゲーリッグの記録は私の中で、最も偉大な記録の1つです。
通算満塁本塁打
1 L・ゲーリッグ 23
2 M・ラミレス (レッドソックス) 20
3 E・マレー 19
3 W・マッコビー 18
5 R・ベンチュラ 18
5 T・ウィリアムズ 17
5 J・フォックス 17
8 B・ルース 16
8 H・アーロン 16
8 D・キングマン 16

◆ 2004年8月19日、ロビン・ベンチュラ選手(ドジャース)が、メッツ戦の5回に、通算17本目の満塁本塁打を放ち、歴代4位タイとなりました。ちなみにこのゲームで石井一久投手が、13勝目を上げました。
  2004年9月7日、ロビン・ベンチュラ選手(ドジャース)が、ダイヤモンドバックス戦の7回に代打で登場し、通算18本目の満塁本塁打を放ち、歴代3位となりました。このゲームで野茂英雄投手が、復活の4勝目を上げました!

◆ 2005年7月5日、マニー・ラミレス選手(レッドソックス)が、レンジャーズ戦で歴代単独2位となる通算20本目のグランドスラムを放ちました!


通算マルチ(複数)本塁打
ベーブ・ルース 73試合
バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 68試合
マーク・マグワイア 67試合
◆ 2004年8月29日にボンズが、単独2位となりました。
通算本塁打王回数
ベーブ・ルース 12回

◆ 残されたベーブ・ルースの記録の中でもこれだけは、永遠と破られないことを祈りたい。ホームラン王といえばベーブ・ルース!!

通算MVP受賞回数
バリー・ボンズ (ジャイアンツ) 7回

◆ 2004年に4年連続史上最多の7度目のMVPを受賞しました。また40歳での受賞も史上最年長です。年齢を重ねる度に凄みをましていく、まさに“怪物”です。50歳くらいまでやりそうだなー。。

通算初回先頭打者本塁打
リッキー・ヘンダーソン 81回

◆ 快速リッキー・ヘンダーソンの、この先頭打者本塁打記録も別格です!
通算月間50安打回数
ピート・ローズ 4回
イチロー (マリナーズ) 4回
◆ ピート・ローズが24年間で達成したのに対し、イチローは4年間で並びました。
生涯メジャーリーガー
デーブ・ウィンフィールド 本465打点1833率.283(1973〜1995)
ボブ・ホーナー 本218打点685率.277(1978〜1988)
ジョン・オルルド (ヤンキース) 1989〜

 1965年にドラフト制が始まって以来、1度もマイナーを経験していない選手は「たった3人」しかいません。高校、大学でどんなに凄い成績を残して、ドラフトで1巡目に指名された選手でも、メジャーの場合はマイナーで何年か経験を積ませて、メジャーに昇格させる事がほとんどです。
そんな中、生涯1度もマイナーを経験していない選手は
「デーブ・ウィンフィールド」「ボブ・ホーナー」そして「ジョン・オルルド」の3人だけです。
ホーナーは1987年にヤクルトに入団して、現役バリバリのメジャーリーガーとしてホームランを量産しました。
ウィンフィールドは通産「3110本安打・465本塁打」の成績を残した伝説のプレイヤーで、もちろん殿堂入りも果たしています。
このままいけばこの2人にオルルドも加わる事になります。
デビューして引退するまで、
「生涯メジャーリーガー」がいかに難しいかがお分かりいただけると思います。
しかし日本人メジャーリーガーなどは、マイナーを経験せずにいきなりメジャーでゲームに出てるんで、イチロー、松井もこのままいけば「生涯メジャーリーガー」ということになるんでしょうか?

ワールドシリーズ最多出場
ヨギ・ベラ 75試合
◆ 1946年にヤンキースでデビュー、1963年までヤンキースでプレイし、その間10度のワールドチャンピオンに貢献し、MVPにも3度輝いた、伝説のキャッチャーです!
ポストシーズン通算本塁打
バーニー・ウイリアムス (ヤンキース) 22
ミッキー・マントル (ヤンキース) 18
レジー・ジャクソン (ヤンキース) 18
マニー・ラミレス (レッドソックス) 18

◆ マニー・ラミレスが2004年ワールドシリーズ第3戦で、初回に歴代2位タイとなるポストシーズン18号本塁打を放ちました。またこの本塁打で歴代2位タイとなるポストシーズン16試合連続安打も記録しました。

ポストシーズン連続安打試合
ハンク・バウアー 17
デレク・ジーター (ヤンキース) 17
マニー・ラミレス (レッドソックス) 17

◆ 2004年ワールドシリーズMVPのラミレスが第4戦でもヒットを放ち、2003年のポストシーズンから続いて17試合連続安打のタイ記録をマークしました。

リーグチャンピオンシップシリーズ通算最多打点
バーニー・ウイリアムス (ヤンキース) 32
◆ 2004リーグチャンピオンシップシリーズ第3戦、フェンウェイ・パークでのレッドソックス戦で、同時に3つのシリーズ記録を塗り替えました!
リーグチャンピオンシップシリーズ通算最多安打
バーニー・ウイリアムス (ヤンキース) 51
◆ この記録を塗り替えた2004リーグチャンピオンシップシリーズ第3戦は、ヤンキースが22安打19得点と、打線が爆発し、レッドソックスに大勝しました!
リーグチャンピオンシップシリーズ通算最多塁打
バーニー・ウイリアムス (ヤンキース) 83
◆ この記録を塗り替えた2004リーグチャンピオンシップシリーズ第3戦では、松井秀喜も5安打5打点5得点2本塁打と、バーニー・ウイリアムス以上に目立っていました!

■ 上記のメジャー記録は2004年シーズン終了時点でのものです。
■ 上記の記録は近代ベースボールと言われている1901年以降を基本としています。
■ 太字は2004年現在の現役選手です。


MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


メジャーニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA][日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー][メジャーリーグの歴史

MLB記録-打者編(シーズン記録)-][MLB記録-投手編-][MLB記録-チーム編-メジャー偉人列伝][MLB タイトル年表 ][イチロー夢の4割への挑戦

ワールドシリーズへの道][メジャーリーガー達の国籍][MLB 〜 2004年データ 〜][メジャー知識の泉][MLB英語マニュアル今日の独り言][
厳選リンク集

今日の日本人メジャーリーガー成績一覧

イチロー][松井秀喜][松井稼頭央][田口壮][井口資仁][中村紀洋][野茂英雄][石井一久

長谷川滋利][大家友和][高津臣吾][大塚晶則][多田野数人][木田優夫][藪恵壹

城島健司」「小関竜也」「マック鈴木」「森慎二」「入来祐作」「斉藤隆

イチローDATA」「松井秀喜DATA」「松井稼頭央DATA」「田口壮DATA井口資仁DATA

中村紀洋DATA」「野茂英雄DATA」「石井一久DATA」「長谷川滋利DATA」「大家友和DATA

高津臣吾DATA」「大塚晶則DATA」「多田野数人DATA」「藪恵壹DATA」「デニー友利DATA

城島健司DATA」「小関竜也DATA」「マック鈴木DATA」「森慎二DATA」「入来祐作DATA」「斉藤隆DATA

松坂大輔データ」「井川慶データ」「岩村明憲データ」「桑田真澄データ」「岡島秀樹データ

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.