ワールドシリーズへの道


■ メジャーリーグのシーズンの流れ、ゲームの流れを分かりやすくまとめてみました。

インターリーグ
とは何か?ワールドシリーズまで進むにはどーなればいいのか?等、分かりやすく解説(えらそーに)していますので、シーズン中分からない事があれば、眺めていってください。



ワールドシリーズ/1986


 アメリカンリーグ   ナショナルリーグ 
東地区
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
ボストン・レッドソックス フロリダ・マーリンズ
トロント・ブルージェイズ フィラデルフィア・フィリーズ
ボルティモア・オリオールズ ニューヨーク・メッツ
タンパベイ・デビルレイズ モントリオール・エクスポズ
中地区
ミネソタ・ツインズ セントルイス・カージナルス
シカゴ・ホワイトソックス シカゴ・カブス
クリーブランド・インディアンス シンシナティ・レッズ
カンザスシティ・ロイヤルズ ヒューストン・アストロズ
デトロイト・タイガース ピッツバーグ・パイレーツ
ミルウォーキー・ブリュワーズ
西地区
テキサス・レンジャース ロサンゼルス・ドジャース
オークランド・アスレチックス サンフランシスコ・ジャイアンツ
アナハイム・エンゼルス サンディエゴ・パドレス
シアトル・マリナーズ コロラド・ロッキーズ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス


ワールドシリーズ
 【ワールドシリーズ】世界一決定戦です。なぜアメリカ一なのに世界一なのか、誰
もが一度はつっこみをいれたであろうこの名称、そこはアメリカン、アメリカ一は世界一
なのです!というわけではないでしょうが、メジャーリーグにはさまざまな国や地域か
ら選手が集まっています、まさにワールド・ワイド。実力的にも世界一であることに疑
いの余地はありませんが、小さなことは気にしない、自由の国アメリカなのです。
 またワールドシリーズは「フォール・クラシック(秋の古典劇)」と表現されるなど、
選手達にとっても夢の舞台である事は間違いありません。
 1903年に始まったワールドシリーズ。過去1904年にナショナルリーグが対戦拒否、
1994年にはストライキにより、2度中止となっています。
 初代チャンピオンはボストン・ピルグリムス(現ボストン・レッドソックス)です。
 2004年には第100回を迎え、初代チャンピオンのレッドソックスが、86年ぶりに
ワールドチャンピオンに返り咲きました。
試合の流れ
 メジャーリーグでは、試合開始前に国歌演奏が行われる事が多く、7回表が終わる
「Take me out to the ball game」(私を野球場へ連れてって)がながれます。
いわゆる「セブンスイニングストレッチ」ってやつです。ファンも総立ちで躍りながら
歌ってます。さすがは陽気なアメリカンといったところでしょうか。それまで一心不乱に
バケツ程の大きさの入れ物のポップコーンを、ほおばっていたちびっ子も、この時ば
かりは一時休憩です。それにしてもメジャーリーグ観てて思うのは、あっちの方達は
本当陽気で、よく食べますね(^。^;)
シーズンの流れ
 メジャーリーグは試合時間が短いです。日本に比べて平均30分程は短いんじゃな
いでしょうか、理由は色々ありますが、早く終わらして家に帰りたいんだと思います、
(家族が1番ですから)というのは嘘か本当かわかりませんが、とにかく延長戦に突
入さえしなければ3時間位でほとんどの試合は終わると思います。
 レギュラーシーズンが162試合の過密日程、雨が降ろうがやみそうなら何時間
でも待ちます。試合が中止になれば平日でも平気でダブルヘッダーが組まれ、と
にかく162試合を消化しなければなりません。
 メジャーリーグはシーズン最終日が決まっているので、もしシーズン最終日までに
全試合が消化出来なければ、レギュラーシーズンに影響がない場合、試合は行われ
いという合法的処置が採られています。そのため10連戦など当たり前、ときには
20連戦と日本のサラリーマンも真っ青な日程が組まれる事もあります。そのため
主力選手を数試合に一度は休ます傾向にあります、メジャーでは当たり前のことな
のですが、日本では依然、連続試合出場にこだわるむきがあります、もちろん連続
試合出場の記録はすばらしいです。しかし記録にこだわりすぎて選手生命を短くした
り、ケガをするよりは、「長いシーズンなんだから休みながらやってこーぜ!」みた
いな雰囲気がメジャーリーグにはあります。
偉大な記録
 しかし、メジャーリーグにも連続試合出場でとてつもない記録を打ち立てた選手が
いました。ご存知かもしれないでしょうが「カル・リプケン・jr」です。連続試合出場
『2632試合』前人未到です。年数になおすと約16年間、試合に出続けました。
 メジャーリーグの数々の偉大な記録の中でも、もっとも破られにくい記録の1つでは
いでしょうか(感銘)
試合形式(インターリーグ)
 レギュラーシーズン162試合、各リーグ東地区、中地区、西地区、関係なく対戦して
いきます。そのため色々な対戦カードが観られます。さらに1997年からはインターリ
ーグ(交流戦)が始まり、6月から7月にかけて「アメリカンリーグvsナショナルリー
グ」の対戦カードがいくつも観られるようになりました。代表的にまとめてみました。
◆ ニューヨーク対決、ヤンキースvsメッツ。いわゆる【subwayシリーズ】です。
◆ アナハイム・エンゼルスvsロサンゼルス・ドジャースの【フリーウェイシリーズ】
◆ シカゴ対決、ホワイトソックスvsカブスの【ウィンディシティークラシック】
◆ オークランド・アスレチックスvsSF・ジャイアンツの【ベイブリッジシリーズ】
◆ テキサス・レンジャーズvsヒューストン・アストロズの【テキサス州対決】
◆ トロント・ブルージェイズvsモントリオール・エクスポズの【カナダ対決】
 特に同じ都市同士の対戦は、ワールドシリーズにも引けを取らないくらいに盛り上が
ります。当然全カードの対戦は不可能なので(例:ヤンキースがナショナルリーグの全
チームと対戦するわけではない)毎年対戦カードは変わります、例えば今年はアメリ
カンリーグの東地区vsナショナルリーグの中地区の対戦だった場合、来年はアメリカ
ンリーグの東地区vsナショナルリーグの西地区、というように毎年対戦カードを変えて
いきます(subwayシリーズは毎年行われます)ファンにとっては大変楽しみなインター
リーグです。
プレーオフ/ワイルドカード
 各リーグ、東、中、西地区の優勝チームがプレーオフ(ポストシーズン)に進みま
す。
 さらに1995年から始まった「ワイルドカード」により、シーズン終盤優勝争いととも
にワイルドカード争いがメジャーリーグを盛り上げます。
 ワイルドカードとは、各地区2位のチームの中で1番勝率の高いチームが4つ
めの席、いわゆるワイルドカードとしてプレーオフに進む制度です。
 また近年ではこのワイルドカードでプレーオフに進んだチームが、ワールドシリーズ
をも制す事が多々あります、短期決戦、失うものは何もない、無欲の勝利といったと
ころでしょうか。
 ワイルドカードを含めた各リーグ4チーム、計8チームのみがプレーオフに進めるの
です。
ディビジョンシリーズ 【ベスト8】
 まずはディビジョンシリーズです、分かりやすくいえば準々決勝です。
◆ 1番勝率の高いチーム vs ワイルドカードで進出したチーム。
◆ 2番目の勝率のチーム vs 3番目の勝率のチームの対戦となります。
 もしここで1番勝率の高いチームと、ワイルドカードのチームが同じ地区の場合は、
◆ 1番勝率の高いチーム vs 3番目の勝率のチーム
◆ 2番目の勝率チーム vs ワイルドカードで進出したチームの対戦となります。
 このディビジョンシリーズは先に3勝したチームが次のリーグチャンピオンシップ
シリーズに進みます。
リーグチャンピオンシップシリーズ 【ベスト4】
 次にリーグチャンピオンシップシリーズです、分かりやすくいえば準決勝ですね。
 ディビジョンシリーズで勝ち上がった2チームがリーグチャンピオンの座をかけて、
またワールドシリーズの切符をかけて戦います。リーグチャンピオンシップシリーズ
先に4勝したチーム(日本シリーズと同じですね)が各リーグのチャンピオンとな
りワールドシリーズに進出します。
ワールドシリーズ
いよいよワールドシリーズ、決勝です!
 アメリカンリーグのチャンピオン vs ナショナルリーグのチャンピオンでワールドシリー
ズが行われます。この戦いもリーグチャンピオンシップシリーズ同様、先に4勝したチ
ームがワールドチャンピオンとなり、見事栄冠を勝ち取るのです。プレーオフだけで
11勝しなければワールドチャンピオンにはなれないのです。なんとも長い道のりです。
 この3つのシリーズを合わしてプレーオフ、またはポストシーズンと呼ばれます。
ファン
 メジャーリーグのボールパークは日本と違い1塁側、3塁側のファールグラウンドがや
や狭く、ファールグラウンドがほとんどなく、すぐにスタンドのボールパークさえあります。
 さらに1塁側、3塁側のスタンドに金網のネットがないため、メジャーリーガー達の強烈
なファールボールがスタンドに飛び込む事が多々あります。そのためファンのグローブ
所持率は高く、ファールボールが飛んでくれば出番である、周りの観客関係なしにファ
ールボールに向かっていき、ファールボールをGETすれば満面の笑みで右手を上げ声
援にこたえます。これがホームランボールともなれば正直命がけです。
 メジャーリーグは完全フランチャイズ制をとっていますので、どこのボールパークを見
ても日本で言う「阪神の甲子園状態」です。8割〜9割以上が地元のファンなので、ま
さにホーム&アウェイ、一方的な応援になります。
 booing / standing ovation、つぼおおさえてる、こうしたファンの一喜一憂を観るの
もメジャーリーグの大きな楽しみの一つです。
両リーグの違い
 アメリカンリーグとナショナルリーグの大きな違いはDH制でしょう、アメリカンリーグは
DH制を採用しているのに対し、ナショナルリーグは投手も打席に立ちます、日本でいえ
ばアメリカン=パリーグ、ナショナル=セリーグと思って、いいと思います。ちなみにDH
制が始まったのは、1973年4月6日フェンウェイパークで行われたレッドソックスvsヤン
キースの開幕戦でした。当初は3年間の期限付きの予定でしたが、好評だった事もあり
、現在まで世界各国で採用されています。
 延長戦についても違いがあり、メジャーリーグに引き分けという制度はありませ
 ナショナルリーグは日付が変わろうが勝敗がつくまで延々と試合は続いていきます。
 一方アメリカンリーグは日付がわった午前1:00を過ぎて新しいイニングに入りません、
その場合、後日続きが行われる事になります。ちなみに最長試合時間は、1984年
5月8日〜9日にかけて行われたホワイトソックスvsブリュワーズの8時間6分です。
 ※ ちなみに天変地異などの場合は、引き分けとされ、後日再試合が行われます。

(2004年現在です)

MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


MLBニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA][メジャー偉人列伝][日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー][メジャーリーグの歴史

MLB記録-打者編(通算記録)-][MLB記録-打者編(シーズン記録)-][MLB記録-投手編-][MLB記録-チーム編-][イチロー夢の4割への挑戦

メジャーリーガー達の国籍][MLB 〜 2004年データ 〜][MLB タイトル年表 ][メジャー知識の泉][MLB英語マニュアル今日の独り言][
厳選リンク集

今日の日本人メジャーリーガー成績一覧

イチロー][松井秀喜][松井稼頭央][田口壮][井口資仁][中村紀洋][野茂英雄][石井一久

長谷川滋利][大家友和][高津臣吾][大塚晶則][多田野数人][木田優夫][藪恵壹

城島健司」「小関竜也」「マック鈴木」「森慎二」「入来祐作」「斉藤隆

イチローDATA」「松井秀喜DATA」「松井稼頭央DATA」「田口壮DATA井口資仁DATA

中村紀洋DATA」「野茂英雄DATA」「石井一久DATA」「長谷川滋利DATA」「大家友和DATA

高津臣吾DATA」「大塚晶則DATA」「多田野数人DATA」「藪恵壹DATA」「デニー友利DATA

城島健司DATA」「小関竜也DATA」「マック鈴木DATA」「森慎二DATA」「入来祐作DATA」「斉藤隆DATA

松坂大輔データ」「井川慶データ」「岩村明憲データ

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.