MLB記録 -投手編-


■ 通算記録からシーズン記録、マニアックな記録まで幅広く、色々集めてみました。

これからもまだまださまざまな記録を集めていく予定ですので、お暇な方は眺めていってください。こうしてさまざまな記録を眺めてるだけで、なんだかワクワクしてきますね(^○^)

個人的に投手編の1番のお気に入りは、エリック・ガニエが2002〜2004年にマークした、84試合連続セーブ機会成功です。ありえない、不滅の大記録です!





MLB記録-打撃部門-MLB記録-打者編(通算記録)-
MLB記録-打者編(シーズン記録)-
MLB記録-チーム部門-MLB記録-チーム編-

インディアナポリス・アロース


〜 MLB記録・投手編 〜
通算勝利
1 サイ・ヤング 511
2 ウォルター・ジョンソン 417
3 ピート・アレクサンダー 373
3 クリスティ・マシューソン 373
5 パッド・ガルビン 365
6 ウォーレン・スパーン 363
7 キッド・ニコルズ 361
8 ティム・キーフ 342
9 スティーブ・カールトン 329
10 ジョン・クラークソン 328
10 ロジャー・クレメンス (アストロズ) 328

◆ サイ・ヤングのこの記録は別格です。現在のメジャーリーグではローテーションが確立されていますので、今後この記録が破られる可能性は、かなり低いでしょう。
ロジャー・クレメンスがとうとうトップ10に入ってきました。1年でも長くクレメンスの現役を観ていたいですね!

通算敗戦
1 サイ・ヤング 316
2 パッド・ガルビン 310
3 ノーラン・ライアン 292
4 ウォルター・ジョンソン 279
5 フィル・ニークロ 274
6 ゲイロード・ペリー 265
7 ドン・サットン 256
8 ジャック・パウエル 254
9 エッパ・リクシー 251
10 バート・ブライレベン 250
◆ 通算勝利数と通算敗戦数は、選手の顔ぶれはあまり変わらず、若干順位が変わっただけですね。
通算防御率
1 エド・ウォルシュ 1.81
2 エイディー・ジョス 1.89
3 アルバート・スポルディング 2.04
4 モデカイ・ブラウン 2.06
5 ジョン・ウォード 2.10
6 クリスティ・マシューソン 2.13
7 トミー・ボンド 2.14
8 ルーブ・ワッデル 2.16
9 ウォルター・ジョンソン 2.17
10 エド・リュールバック 2.28
◆ 通算防御率は2000イニング以上を基準にしています。
ご覧の通り1800年代後半から1900年代前半の選手ばかりです。
ベーブ・ルースが本塁打を量産し始めるまでは、少ない得点を守り抜く守備型baseballでした。
今後このランキングに加わる可能性があるのはペドロ・マルチネス(レッドソックス)投手でしょう。2003年終了時点で、2079イニングで、防御率2.58は現役投手では、ずば抜けています。
通算最高勝率
1 アルバート・スポルディング .795  [252勝 65敗]
2 ペドロ・マルチネス (レッドソックス) .705  [182勝 76敗]
3 W・フォード .690  [236勝 106敗]
4 B・カルザーズ .688  [218勝 99敗]
5 レフティ・グローブ .680  [300勝 141敗]
6 ロジャー・クレメンス (アストロズ) .666 [328勝 164敗]
7 クリスティ・マシューソン .665  [373勝 188敗]
8 S・リーバー .659 [194勝 100敗]
9 ランディ・ジョンソン (Dバックス) .657 [246勝 128敗]
10 アンディ・ペティット (アストロズ) .656  [149勝 78敗]
◆ 勝敗合計が200以上を基準としています。
スポルディングの200勝以上で8割近い勝率は、正直驚異的です。
通算セーブ
1 リー・スミス 478
2 ジョン・フランコ 424
3 トレバー・ホフマン (パドレス) 393
4 デニス・エカーズリー 390
5 ジェフ・リアドン 367
6 ランディ・マイヤーズ 347
7 ロリー・フィンガース 341
8 マリアーノ・リベラ (ヤンキース) 336
9 ジョン・ウェッテランド 330
10 ロバート・ヘルナンデス 320
トロイ・パーシバル (タイガース) 316
ロブ・ネン 314

◆ 正式にセーブという記録が出来たのは、1973年からですので、今後も続々ランキングに食い込んでくるクローザーは現れるでしょう。
2004年に大塚が入団したパドレスのクローザー、ホフマンが歴代3位に。ヤンキース不動のクローザー、リベラが53Sを上げ、8位にランクアップしてきました!

通算奪三振
1 ノーラン・ライアン 5714
2 ロジャー・クレメンス (アストロズ) 4317
3 ランディ・ジョンソン (Dバックス) 4161
4 スティーブ・カールトン 4136
5 バート・ブライルベン 3701
6 トム・シーバー 3640
7 ドン・サットン 3574
8 ゲイロード・ペリー 3534
9 ウォルター・ジョンソン 3508
10 フィル・ニークロ 3342

◆ ノーラン・ライアンの偉業に、ロジャー・クレメンス/ランディ・ジョンソンがどこまで迫れるかが、注目です。

通算登板試合
1 ジェシー・オロスコ 1252
2 ジョン・フランコ 1088
3 デニス・エカーズリー 1071
4 ホイト・ウィルヘルム 1070
5 ダン・プリサク 1064
6 ケント・テカルビー 1050
7 リー・スミス 1022
8 マイク・ジャクソン 1005
9 リッチ・ゴセージ 1002
10 リンディ・マクダニエル 987
サイ・ヤング 906
◆ 先発→中継ぎ→抑えと、投手の分業制が確立された現在のメジャーリーグでは、中継ぎ投手の登板数が増えていますので、今後もランキングに入ってくる選手は出てくるでしょ。
通算投球回数
1 サイ・ヤング 7356
2 パッド・ガルビン 6003 1/3
3 ウォルター・ジョンソン 5914 1/3
4 フィル・ニークロ 5404 1/3
5 ノーラン・ライアン 5386
6 ゲイロード・ペリー 5350 1/3
7 ドン・サットン 5282 1/3
8 ウォーレン・スパーン 5243 2/3
9 スティーブ・カールトン 5217 1/3
10 ピート・アレクサンダー 5190
◆ サイ・ヤングは815試合で先発して、749試合完投と、現在のbaseballではありえない数字で、投球回数は他の追随を許していません。

シーズン30勝投手 (1901年以降)
1 ジャック・チェスブロ 41 (1904)
2 エド・ウォルシュ 40 (1908)
3 クリスティ・マシューソン 37 (1908)
4 ウォルター・ジョンソン 36 (1913)
5 ジョー・マギニティー 35 (1904)
6 ジョー・ウッド 34 (1912)
7 サイ・ヤング 33 (1901)
7 クリスティ・マシューソン 33 (1904)
7 ウォルター・ジョンソン 33 (1912)
7 グローバー・アレクサンダー 33 (1916)
11 サイ・ヤング 32 (1902)
12 ジョー・マギニティー 31 (1903)
12 クリスティ・マシューソン 31 (1905)
12 ジャック・クームス 31 (1910)
12 グローバー・アレクサンダー 31 (1915)
12 ジム・バグビー 31 (1920)
12 レフティ・グローブ 31 (1931)
12 デニー・マクレーン 31 (1968)
19 クリスティ・マシューソン 30 (1903)
19 グローバー・アレクサンダー 30 (1917)
19 ディジー・ディーン 30 (1934)
◆ 1968年のD・マクレーン以外は、第二次世界大戦以前の記録です。そのためマクレーンの記録はかなり価値があると思います。
現在メジャーリーグは先発投手5人でローテーションを組んでいるチームがほとんどなので、年間35試合前後しか先発機会がありません。そのため今後30勝投手が出てくる可能性はかなり低いと思います。
シーズン最多敗戦
1 V・ウィリス 29 (1905)
2 D・テイラー 27 (1901)
2 G・ベル 27 (1910)
2 P・デリンジャー 27 (1933)
5 J・タウンセンド 26 (1904)
5 B・グルーム 26 (1909)
◆ いずれも1900年代の記録ばかりです。今なら間違いなくマイナー行きでしょうね。
シーズン最多セーブ
1 ボビー・シグペン 57 (1990)
2 ジョン・スモルツ (ブレーブス) 55 (2002)
2 エリック・ガニエ (ドジャース) 55 (2003)
4 ランディ・マイヤーズ 53 (1993)
4 トレバー・ホフマン 53 (1998)
4 マリアーノ・リベラ (ヤンキース) 53 (2004)
7 エリック・ガニエ (ドジャース) 52 (2002)
8 デニス・エカーズリー 51 (1992)
8 ロッド・ベック 51 (1998)
10 マリアーノ・リベラ (ヤンキース) 50 (2001)
佐々木主浩 45 (2001)
◆ セーブは1人ではどうにもなりません。チーム状況が大きいですね。
2001年の佐々木投手は素晴らしかったですが、その上にリベラがいたのは不運でした。
シーズン最多登板
1 M・マーシャル 106 (1974)
2 K・テカルビー 94 (1979)
3 M・マーシャル 92 (1973)
4 K・テカルビー 91 (1978)
5 M・マーシャル 90 (1979)
◆ マーシャルの106試合登板は、当然中継ぎでの記録なのですが、このシーズン、15勝12敗21セーブで、チームのリーグ優勝に貢献し、サイヤング賞にも輝いた、価値ある数字です。
シーズン最高勝率
1 E・フェイス .947  [18勝 1敗] (1960)
2 J・アレン .938  [15勝 1敗] (1937)
3 G・マダックス (ブレーブス)(現カブス) .905  [19勝 2敗] (1995)
4 R・ジョンソン (マリナーズ)(現Dバックス) .900  [18勝 2敗] (1995)
5 R・ギドリー .893  [25勝 3敗] (1978)
◆ 20勝0敗っていうピッチャーは、いまだに現れていません
シーズン最多連勝
1 R・マーカード 19 (1912)
2 E・フェイス 17 (1959)
3 W・ジョンソン 16 (1912)
3 J・ウッド 16 (1912)
3 L・グローブ 16 (1931)
3 S・ロー 16 (1934)
3 ロジャー・クレメンス (ヤンキース)(現アストロズ) 16 (2001)
3 C・ハッベル 16 (1936)
3 E・ブラックウェル 16 (1947)
3 J・サンフォード 16 (1962)
ロジャー・クレメンス (ブルージェイズ)(現アストロズ) 15 (1998)
ロジャー・クレメンス (レッドソックス)(現アストロズ) 14 (1986)
ヨハン・サンタナ (現ツインズ) 13 (2004)

◆ マーカードは開幕からの連勝記録です。
クレメンスも10連勝以上が3度と、さすが。サンタナはこの年7月11日からの記録で、2005年5月1日のエンゼルス戦で負けるまで17連勝を上げました。

シーズン最多連敗
1 A・ヤング 27 (1992〜1993)
2 J・ネイボーズ 19 (1916)
3 C・カーティス 18 (1910)
3 R・クレイグ 18 (1936)
◆ 監督もよくここまで我慢して投げさせましたね・・・ 。
シーズン最優秀防御率
1 D・レナード 0.96 (1914)
2 M・ブラウン 1.04 (1906)
3 B・ギブソン 1.12 (1968)
グレッグ・マダックス (ブレーブス)(現カブス) 1.56 (1994)
グレッグ・マダックス (ブレーブス)(現カブス) 1.63 (1995)
ペドロ・マルチネス (レッドソックス) 1.74 (2000)
ペドロ・マルチネス (エクスポズ)(現レッドソックス) 1.90 (1997)
ロジャー・クレメンス (レッドソックス)(現アストロズ) 1.93 (1990)
◆ 上位3投手の奇跡的な記録は別格ですが、打者有利と言われている、現在のメジャーリーグで、マダックス、マルチネスの記録もまた偉大です。
連続無失点
1 O・ハーシュハイザー 59 (1988)
2 D・ドライスデール 58 2/3 (1968)
3 W・ジョンソン 55 2/3 (1913)
◆ ここにランクインしてもおかしくなかったのが、1968年のB・ギブソン。
48イニング連続無失点の後、17イニング1/3無失点、さらに再び30イニング無失点と、95イニングでわずか失点2は、驚異的です。
完全試合達成投手 (1901年以降)
C・ヤング(ビルクリムス・現レッドソックス) 1904 . 5 . 5  [ 37才 ]
A・ジョス (インディアンス) 1908 . 10 . 2  [ 28才 ]
C・ロバートソン (ホワイトソックス) 1922 . 4 . 30  [ 26才 ]
D・ラーセン (ヤンキース) 1956 . 10 . 8  [ 29才 ]
J・バニング (フィリーズ) 1964 . 6 . 21  [ 32才 ]
S・コーファックス (ドジャース) 1965 . 9 . 9  [ 29才 ]
C・ハンター (アスレチックス) 1968 . 5 . 8  [ 22才 ]
L・パーカー (インディアンス) 1981 . 5 . 15  [ 25才 ]
M・ウィット (エンゼルス) 1984 . 9 . 30  [ 24才 ]
T・ブラウニング (レッズ) 1988 . 9 . 16  [ 28才 ]
D・マルチネス (エクスポズ) 1991 . 7 . 28  [ 36才 ]
K・ロジャース (レンジャース) 1994 . 7 . 28  [ 29才 ]
D・ウェルズ (ヤンキース)(現パドレス) 1998 . 5 . 17  [ 34才 ]
D・コーン (ヤンキース)  1999 . 7 . 18  [ 36才 ]
R・ジョンソン (Dバックス) 2004 . 5 . 18  [ 40才 ]
◆ 1956年のドン・ラーセンは、ワールドシリーズ第5戦、ブルックリン・ドジャース戦での記録で、メジャー史上、ワールドシリーズでパーフェクトを達成した唯1人の投手です。この試合で大手をかけたヤンキースが、4勝3敗でワールドシリーズを制し、MVPには、ドン・ラーセンが輝きました。
ランディ・ジョンソンの2004年の記録は、サイ・ヤングの最年長記録を更新しました。

1試合最多奪三振(9イニング)
ロジャー・クレメンス (アストロズ) 20 (1986・1996)
ケリー・ウッド (カブス) 20 (2001)
ランディ・ジョンソン (Dバックス) 20 (1998)
◆ ランディ・ジョンソンと、ロジャー・クレメンス、この2人の現役生活を観れる時代に生まれた事は、幸せかもしれません。
シーズン最多奪三振
ノーラン・ライアン 383 (1973)
サンディー・コーファックス 382 (1965)
ランディ・ジョンソン (Dバックス) 372 (2001)
◆ ランディ・ジョンソンの2001年に372奪三振を記録したシーズンは、ワールドチャンピオンにも輝き、プレーオフでも47奪三振を奪い、年間合計419奪三振は史上最多です。
連続奪三振
トム・シーバー 10 (1970.4.22)
◆ 1969年には「ミラクルメッツ」の立役者となった伝説的な投手です。
通算、311勝205敗、防御率2.86は偉大の一言です。
1992年に殿堂入りをはたしています。
通算奪三振王回数
ウォルター・ジョンソン 12 
ノーラン・ライアン 11
◆ ウォルター・ジョンソンが引退したのは1927年。通算奪三振も1983年にノーラン・ライアンに更新されるまで56年間守り続けました。
当時は今ほどホームランも多くなく、振り回す選手も少なかったので、この記録は価値があると思います。
通算奪三振率
ランディ・ジョンソン (Dバックス) 11.16
シーズン奪三振率
ランディ・ジョンソン (Dバックス) 13.41 (2001)
◆ この2001年はワールドシリーズで3勝を上げるなど、ダイヤモンドバックスのメジャー史上最短(設立4年目)でのワールドチャンピオンに大きく貢献しました。ワールドシリーズでは、同僚のカート・シリングとMVPを分け合いました。
通算最多ノーヒットノーラン
ノーラン・ライアン 7度

◆ ノーラン・ライアンが最初にノーヒットノーランを達成したのが、エンゼルス時代の1973年5月15日、ロイヤルズ戦。さらにその年の7月15日のタイガース戦で2度目の達成。1974,1975年にも1度ずつ達成し、その後1980年にアストロズに移籍し、1981年に5度目を記録、1989年にレンジャーズに移籍し、1990年に6度目、1991年5月1日ブルージェイズ戦で、44歳3ヶ月での最年長記録もマークし、計7度のノーヒットノーランは前人未到です!

通算最多開幕投手
トム・シーバー 16度

◆ 1969年、ミラクルメッツの立役者トム・シーバーの歴代最多16度の開幕投手。それほど安定感のあった証です。

通算サイ・ヤング賞
ロジャー・クレメンス (アストロズ) 7度

2004年、42歳になったロジャー・クレメンスが史上最多7度目のサイ・ヤング賞に輝きました。ちなみにクレメンス憧れのノーラン・ライアンは1度もサイ・ヤング賞には縁がありませんでした、不思議です。。

最多連勝
カール・ハッベル 24連勝 (1936〜1937)
ロジャー・クレメンス (アストロズ) 20連勝 (1998〜1999)
連続セーブ機会成功
エリック・ガニエ (ドジャース) 84 (2002〜2004)
◆ 2002年にクローザーに転向して開花しました。2004年7月5日に残念ながら記録は途切れましたが、その時地元ドジャー・スタジアムは大スタンディングオベーションで、ガニエを称えました。
この試合2点差を同点に追いつかれたガニエでしたが、その裏チームはサヨナラ勝ちし、試合後誇らしげにこう語りました「あれで試合が終わったわけではなかった。今日、俺たちは勝つことができた」と。
チームメイトも、「ジョー・ディマジオの56試合連続安打、カル・リプケンjrの2632試合連続出場、オーレル・ハーシュハイザーの59イニング連続無失点に匹敵する」と賛辞を惜しみませんでした。
3シーズン合計のセーブ記録
エリック・ガニエ (ドジャース) 152 (2002〜2004)
デニス・エカーズリー 142 (1990〜1992)
◆ 2004年8月29日、シェイ・スタジアムで行われたメッツ戦で、殿堂入りの名投手デニス・エカーズリーの記録を更新しました。
0球勝利投手
B.J.ライアン (オリオールズ) 2003年5月1日(タイガース戦)

◆ この日ライアンは7回2死1塁の場面で登板、1球も投げず1塁ランナーを牽制で刺し、その裏チームが逆転し、8回からは投手が交代、1球も投げずに勝ち投手となりました。97年ぶりの記録でした。

6投手によるノーヒットノーラン
ヒューストン・アストロズ vsヤンキース 2003年6月11日

◆ この日アストロズ先発ロイ・オズワルトが2回途中右ふとももを痛めるアクシデントで降板しましたが、その後5人の投手による継投で史上最多の6投手でのノーヒットノーランを達成しました。松井も4打数ノーヒットで、最後の打者となり、ヤンキース、トーリ監督も 「最悪の試合だった。何が起こったのか説明できない。みっともない試合」と語るなど、ヤンキースにとっては屈辱的なゲームでした。
アストロズは最終回8点リードしていながら、クローザー、ビリー・ワグナーをマウンドに送りゲームを締めくくりました。
ちなみにヤンキースがノーヒットノーランを喫したのは、1958年以来45年ぶり、「6980試合」ぶりの事でした。

2試合連続ノーヒットノーラン
ジョニー・バンダーミーア 1938年6月11,15日

◆ ちなみに年間2度のノーヒットノーランは2004年現在「6人」が達成しています。

2日間わずか3球で2勝
ウイリー・ブレアー (ブルージェイズ時代) 1990年9月14,15日

◆ 9月14日オリオールズ戦、2点リードされた9回表2死から登板し、カル・リプケンjrを1球で内野ゴロに打ち取り、その裏チームがサヨナラ勝ちし、まず1球で1勝。
9月15日オリオールズ戦、また2点リードされた9回表2死から登板し、ホーンを2球で内野ゴロに打ち取ると、その裏またまたチームがサヨナラ勝ちし、2日間で3球を投げ2勝を上げる珍記録を作りました。

ワールドシリーズ異なったチームで先発勝利
カート・シリング (レッドソックス) 3

◆ シリングが2004年のワールドシリーズ第2戦で先発し、6回を1失点(自責点0)に抑え、1993年のフィリーズ時代、2001年のダイヤモンドバックス時代に続き、異なった3チームでワールドシリーズ先発勝利を上げました。
シリングは足首を痛めていながらの登板で、ストッキングは血で赤く染まっていましたが、気迫の投球でした!


■ 上記のメジャー記録は2004年シーズン終了時点でのものです。
■ 上記の記録は近代ベースボールと言われている1901年以降を基本としています。
■ シーズン記録は逐次更新していく予定です。
■ 太字は2004年現在の現役選手です。


MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


MLBニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA][メジャー偉人列伝][日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー][メジャーリーグの歴史

MLB記録-打者編(通算記録)-][MLB記録-打者編(シーズン記録)-][MLB記録-チーム編-][MLB タイトル年表 ][イチロー夢の4割への挑戦

ワールドシリーズへの道][メジャーリーガー達の国籍][MLB 〜 2004年データ 〜][メジャー知識の泉][MLB英語マニュアル今日の独り言厳選リンク集

今日の日本人メジャーリーガー成績一覧

イチロー][松井秀喜][松井稼頭央][田口壮][井口資仁][中村紀洋][野茂英雄][石井一久

長谷川滋利][大家友和][高津臣吾][大塚晶則][多田野数人][木田優夫][藪恵壹

城島健司」「小関竜也」「マック鈴木」「森慎二」「入来祐作」「斉藤隆

イチローDATA」「松井秀喜DATA」「松井稼頭央DATA」「田口壮DATA井口資仁DATA

中村紀洋DATA」「野茂英雄DATA」「石井一久DATA」「長谷川滋利DATA」「大家友和DATA

高津臣吾DATA」「大塚晶則DATA」「多田野数人DATA」「藪恵壹DATA」「デニー友利DATA

城島健司DATA」「小関竜也DATA」「マック鈴木DATA」「森慎二DATA」「入来祐作DATA」「斉藤隆DATA

松坂大輔データ」「井川慶データ」「岩村明憲データ」「桑田真澄データ」「岡島秀樹データ

Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.