岩隈 久志
1981年4月12日・東京都生まれのAB型
堀越高⇒大阪近鉄バファローズ⇒オリックス・バファローズ⇒東北楽天ゴールデンイーグルス
⇒シアトル・マリナーズ
2010年オフにポスティングシステムによりメジャー移籍を目指すも交渉決裂
その翌年海外FA権を行使しメジャーへ


2010年オフにポスティングシステムによりメジャー移籍を目指し、オークランド・アスレチックスが1910万ドル(約15億9,000万円)で落札し、独占交渉権を獲得しましたが、アスレチックスと岩隈側の交渉が決裂し、楽天残留が決まりました。ポスティングシステムで落札チームがあったにもかかわらず、交渉が決裂したのは初めての事となりました。


ポスティングでのメジャー移籍が叶いませんでしたが、翌年の2011年に海外FA権を取得し、FA権を行使。そして2012年1月5日(現地時間)シアトル・マリナーズと1年150万ドル(出来高含めると最高490万ドル)で契約合意。


しかしスプリングトレーニングで結果がでず、開幕はローテーションから外れブルペンへ。そして4月20日(現地時間)開幕15戦目、ホワイトソックス戦に3番手で初登板。4回を投げて被安打1(ホームラン)、四死球1、奪三振2、失点1とまずまずのデビュー戦となりました。


その後も中継ぎでの登板が続きましたが、登板したゲームではきっちりと結果を残し、7月以降は先発ローテーション入りを果たし、結局9勝を挙げ、防御率も3.16と素晴らしい数字を残し、メジャー1年目を終えました。シーズン終了後FAとなりましたが、後半戦の安定したピッチングが認められ、マリナーズと2年総額1400万ドル(3年目は球団オプション)で再契約しました。


2年目は先発としてスタートし、シーズン序盤から安定したピッチングでオールスターにも選出(オールスター2日前に登板したためオールスターでの登板はなし)。チームが相変わらず低迷する中、終わってみれば防御率は2.66とアメリカンリーグ僅差の3位、先発して6イニング以上を投げ、自責点0に抑えながら勝ち星が付かなかったゲームが5試合もあり(2005年のロジャー・クレメンス以来のレアケース)、またサイ・ヤング賞ではマックス・シャーザー、ダルビッシュに次ぐ3位に選出されるなど、打線の援護に恵まれない中、我慢のピッチングで1年間ローテーションを守り素晴らしい成績でメジャー2年目を終えました。


メジャー3年目、岩隈はスプリングトレーニング中に右手中指を痛め、開幕に間に合わずDL入りで開幕を迎えましたが、5月に復帰すると、相変わらずの素晴らしい制球力を武器に、フェリクス・ヘルナンデスと共にマリナーズの投手陣を牽引し、打線は10年2億4千万ドルでヤンキースから加入したロビンソン・カノの活躍もあり、ここ数年低迷したチームもプレーオフ争いに加わり、最終戦でマリナーズが勝ち、アスレチックスが負ければワイルドカード2席目をかけた1ゲームプレーオフでしたが、アスレチックスが勝ったため、結局僅か1ゲーム差でワイルドカードでのプレーオフ進出はならず。岩隈も後半戦に崩れるゲームが何度かありましたが、それでもほぼ1年間ローテーションを守り、自己最多の15勝を挙げ、マリナーズとの2年契約が終了。3年目はチームオプションとなっていましたが、ワールドシリーズ終了の翌日にマリナーズはオプションを行使することを発表し、アメリカ4年目もマリナーズでプレーすることとなりました。


マリナーズでの4年目。期待が大きかった岩隈ですが開幕から3連敗すると、右広背筋の炎症で約2か月半DLに入り戦線離脱。DLから復帰2戦目で今シーズン初勝利を挙げると、低迷するマリナーズからプレーオフを目指すチームへのトレードも噂されましたが結局マリナーズに残留。そして8月12日(現地時間)のオリオールズ戦(セーフコフィールド)で日本人選手としては野茂以来となるノーヒットノーラン(9回無安打、四球3、奪三振7)を達成。結局9勝止まりで3年連続二桁勝利はなりませんでしたが、岩隈の評価は高く、シーズン終了後FAとなり、ロサンゼルス・ドジャースと3年4500万ドルで契約合意寸前まで行きましたが、メディカルチェックで異常が見つかり、ドジャースとの契約が白紙となり、結局マリナースと1年契約で合意しました。


メジャー5年目、岩隈はシーズンを通してローテーションを守り、防御率こそ4.12と自己ワーストでしたが、キャリアハイの16勝を挙げ、シーズン終盤までプレーオフ争いを演じたマリナーズ投手陣を引っ張り、地元メディアからはロビンソン・カノ(.298、39本塁打、103打点)と並びA評価を与えられてシーズンを終えました。また199イニングを投げたことによって、162イニングでマリナーズと契約更新となるオプションがあったため、自動的に来期もマリナーズでプレーすることとなりました。


メジャー6年目、エースのヘルナンデスに次ぐ2番手として活躍を期待されましたが、開幕から勝ち星を挙げることができないまま5月3日に右肩の違和感でDL入り。当初は1ヶ月ほどで戻ってくる予定でしたが、回復が遅れ、ついに9月末に右肩の手術に踏み切り(翌2018年シーズンの開幕に間に合うかは微妙)、結局2017年シーズンは勝ち星を挙げることができず、またマリナーズもプレーオフへ進むことはできませんでした。





所属チーム 試合 S 奪三振 防御率 タイトル
▼ 日本時代 ▼
近鉄(2001年) 9 4 2 0 25 4.53
近鉄(2002年) 23 8 7 0 131 3.69
近鉄(2003年) 27 15 10 0 149 3.45
近鉄(2004年) 21 15 2 0 123 3.01 最多勝
楽天(2005年) 27 9 15 0 124 4.99
楽天(2006年) 6 1 2 0 16 3.72
楽天(2007年) 16 5 5 0 84 3.40
楽天(2008年) 28 21 4 0 159 1.87 沢村賞MVP・最多勝・最優秀防御率
楽天(2009年) 24 13 6 0 121 3.25
楽天(2010年) 28 10 9 0 153 2.82
楽天(2011年) 17 6 7 0 90 2.42
近鉄〜楽天(2001〜2011年) 226 107 69 0 1175 3.25 最多勝2回/最優秀防御率1回/オールスター3回
▼ メジャー ▼
シアトル・マリナーズ(2012年) 30 9 5 2 101 3.16
シアトル・マリナーズ(2013年) 33 14 6 0 185 2.66 オールスター出場
シアトル・マリナーズ(2014年) 28 15 9 0 154 3.52
シアトル・マリナーズ(2015年) 20 9 5 0 111 3.54 ノーヒットノーラン
シアトル・マリナーズ(2016年) 33 16 12 0 147 4.12
シアトル・マリナーズ(2017年) 6 0 2 0 16 4.35

赤字はタイトル)
MLB「今日の日本人メジャーリーガー」MLB「今日の日本人メジャーリーガー」 Home


「イチローDATA」「松井秀喜DATA」「斉藤隆DATA

松坂大輔データ」「井川慶データ」「岩村明憲データ」「福留孝介データ

イチロー][松井秀喜]「五十嵐亮太」「高橋尚成

MLBニュース速報][ボールパーク&MLBチームDATA][メジャー偉人列伝][日本人メジャーリーガーの歴史][歴代日本人メジャーリーガー

メジャーリーグの歴史][MLB記録-打者編(通算記録)-][MLB記録-打者編(シーズン記録)-][MLB記録-投手編-][MLB記録-チーム編-

MLB タイトル年表 ][イチロー夢の4割への挑戦][ワールドシリーズへの道][メジャーリーガー達の国籍][MLB 〜 2004年データ 〜


メジャー知識の泉][MLB英語マニュアル][今日の独り言][厳選リンク集今日の日本人メジャーリーガー成績一覧


Copyright (C) 2004 thank's-mlb All Rights Reserved.